幼児と泊まる「ビオスの丘」周辺おすすめホテルは断然ココ!理由と感想は?

幼児を連れての初めての沖縄旅行。

どこに行こうかな?どのホテルに泊まろうかな?とすごく楽しみでもあり、ちょっぴり不安もあったりしますよね。

我が家では「美ら海水族館」と、幼児でも楽しめるという口コミが多い「ビオスの丘」に行くと決めました。

が!なかなか宿泊先だけ決まらない!!

そこで、色々とリサーチ&沖縄旅行に行ったことのある友人に聞きまくった結果、子連れで泊まる「ビオスの丘」周辺のおすすめのホテルを見つけちゃいました~。

今回は、なぜそのホテルにしたのか?という理由と、実際に泊まった感想をまとめてみます♪

幼児と泊まる!ビオスの丘周辺おすすめホテルはココ

我が家が幼児(3歳児)と一緒に、実際に泊まったホテルはこちらです。

恩納村(おんなそん)にある「ホテル ムーンビーチ」です!

楽天トラベルの口コミでは、レビュー件数が「310件」以上もあり、総合評価は「4.3」以上(満点5)とかなりの高評価。

新しいホテルではないのですが、その分、料金もお手頃でよかったです。

そして、なんといっても「ビオスの丘」までは車でたったの10分程度。

旅先で疲れ気味の子供(幼児)が朝なかなか起きなくても、イライラすることなく、ゆっくり朝ごはんを食べてから行ける距離で助かりました~♪

それでは以下に、小さな子ども連れの家族におすすめの理由(3つ)を「感想」と一緒にまとめてみます^^

ホテルムーンビーチが幼児連れにおすすめの理由3つ!

恩納村にあるホテルムーンビーチが幼児と一緒に泊まるおすすめの理由はずばり3つ!

1.「プライベートビーチ」がある
2.歩いて行ける「コンビニ&レストラン」がある
3.アクセスが「便利」である

からです。

1つずつ説明してみますね^^

1.プライベートビーチがある

ホテルムーンビーチには、宿泊者が利用できる「プライベートビーチ」があります。

子供がいるので、部屋からすぐにビーチまで降りていけるのは本当に便利でした♪

飽きっぽい我が家の子供(3歳児)がすぐに「帰る~!」と言っても、さっと部屋に戻れるのが助かりましたね。

部屋に戻って「もう一回行く!」と言われても、イライラすることなく(笑)、すぐにまたビーチに行くこともできました。

そうそう。

ホテルムーンビーチでは「お砂場セット」「無料」で借りられるんですよ。

好きなもの(バケツとスコップ)を借りて、砂遊び大好き3歳児は大喜び&大はしゃぎでした♪

2.ホテル周辺に歩いて行けるコンビニ&レストランがある

我が家は「食事なし」プランを選んだので、食事はホテルの外で取る必要がありました。

(もちろん、ホテル内にもレストランはありますよ~)

そのため、ホテルから徒歩圏内でコンビニやレストランがあるのはホント助かりましたね~。

気まぐれ&ぐずりっ子3歳児(我が家の息子だけかも?)がいると、車でわざわざ移動は何かと大変なので・・・( ;∀;)

3.アクセスが便利

ホテルムーンビーチへは那覇空港から1時間位で行けます。

そのため、沖縄初日(到着日)も長時間ドライブをすることなくチェックインができて良かったです^^

まだまだ小さい3歳児。

自宅のある浜松市からセントレア空港までの移動と飛行機で疲れているので、なるべく早くゆっくりしたかったため助かりましたね。

最初は「1時間のドライブも遠いかなぁ?」と思い、空港近くのホテルも検討したのですが、そうするとお目当ての「ビオスの丘」への移動が大変になってしまうんですよね。

「ビオスの丘」でたっぷり遊んで、さくっとホテルに戻りたい!

「美ら海水族館」にも行きやすいホテルがいい!

ということで、「空港」と「美ら海水族館」の真ん中にある「ホテル ムーンビーチ」にすることで、どちらにも1時間ほどで行けて、さらに「ビオスの丘」まではたったの10分でいけることになったんです。

我が家にとって、この選択はまさに大正解でしたね。

さいごに

子供が3歳の頃に行った沖縄旅行。

私たちがホテルムーンビーチに泊まった時期(9月末)は、小さな子ども連れ家族も多く、あとは修学旅行っぽい学生さんもよく見かけましたね。

そのため、ホテルには「ちょっとくらい子供が騒いでしまっても大丈夫」という雰囲気があります。

(騒いでオッケーということではなく、子どもが泣いてしまっても大丈夫なフレンドリーさがある感じ)

沖縄のお洒落なリゾートホテルも憧れますが、初めての子連れ沖縄家族旅行で、「ビオスの丘」近くのホテルではおすすめのホテルです^^

実際、子供連れで泊まった人の口コミも多くありますよ~。

チェック>>実際に家族で泊まった人の口コミをみてみる

ご参考までに^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする